Linval Thompson - She Is Mad With Me (D-Roy)

ID R12-0110
Price
(価格)

4,545円(税込5,000円)

Stock
(在庫)
1
Quantity
(購入数)


Very Very Rare !
現在も現役で活躍する名シンガーの
“Linval Thompson”が1979年にリリースした
Roots Vocal。

この曲は、”Black Uhuru”が残した大名曲
“King Selassie”と同オケで、
彼女との喧嘩を歌う、切ないラヴソング。

中盤から後半にかけて、
Saxのインストにそのまま接続されますが、
そのインストがめちゃくちゃカッコ良いです!
知る人ぞ知る、Big 12inch Style !!!
(再発には収録されていません!)

“Black Uhuru”のテイクは、
Dancehallファンや
Rootsファンの方に知られた大名曲ですが、
同トラのこの盤は意外と知らなかった人も多いのでは?
Wicked Vocal & Instrumental !!!



B面は、同アーティストによる別曲。
「Linval Thompson - Stop Your War」
こちらの面は、争いは止め、
Jahに祈りを捧げようと歌う、
コンシャスなメッセージソング。
出だしから激シブのRoots Vocal。
後半最後の方でVersion Dubwiseに
そのまま接続されます。



両面最高です!
Double Sider !!!
なかなか見ない1枚!
初期”Jammy’s”の貴重な音源で、
“King Jammy”がまだ”Prince Jammy”と
名乗っていた頃の作品。
再発は7inchですが、
オリジナル盤では、ジャマイカ盤はリリースなく、
このUKの12inchのみだと思います。
(もしかしたらリリースされているかもしれませんが、
私は見たことがありませんし、
資料にも掲載されていません)

以前ジャマイカの某サウンドマンから
買い取りしたレコード。
A面のレーベルが塗り潰されているのは、
他のサウンドにタイトルが
わからないようにするための
サウンドマンスタイルになっています。

Rootsファンの方や、
Big Tuneの同トラを集めている方、
DancehallやRootsをPlayするDJ・Selectorの方、
何かシブい曲をお探しの方等には
是非チェックしてもらいたい!
大推薦盤!!!



Condition :
[A面] VG-
盤の見た目は、音には影響しない
うすいスレ・スリキズあります。
音の方は、うすくジリ、
所々でうっすらとプチパチありますが、
音の抜けが良く、音圧もあり、全体的に良好です!
プレスに起因するジリノイズが
フェードアウト時にあります。
(前半・中盤部分は試聴で確認してください)
レーベルが書き込みあり。
[B面] VG- ~ VG
盤の見た目は、音には影響しない
スレ・スリキズがうすくあります。
音の方は、うすくジリ、
出だしの無音部分でプチパチがうすくあります。
音の抜けが良く、音圧もあり、全体的に良好です!
プレスに起因するジリノイズが
フェードアウト後の無音部分にあります。
(前半・後半部分は試聴で確認してください)
レーベルに書き込みあり。
UK Press

* 保管に起因するStorage Bendが
ホンのごくわずかありますが、
Playには全く問題ありません。



試聴はプレーヤーの再生ボタンをクリックしてください。
(試聴はA面前半、中盤以降、B面前半・後半部分になってます)

New In